福山で名刺を作成してくれる業者の選び方

ビジネスシーンで欠かせない名刺は、自身や会社の顔と言われることもあるほど、重要な営業ツールです。相手に良い印象を与えたり、信頼性を勝ち取るだけではなく、時には面白いと思ってもらえるデザインを考えるのも、悪くありません。

今回は、名刺を福山市で作る時にチェックしたい、業者選びのポイントをまとめていきます。

幾つかの業者をピックアップして比較検討する

広島県福山市には、名刺作成に対応する業者が多数あります。

このため、作成を依頼する場合には、幾つかの業者をピックアップして、長所や短所を見比べていくようにしましょう。

それぞれの業者が、より良いサービスを目指して色々な試みを行っている他、経験やノウハウにも違いがあるからです。どのようなタイプの名刺が得意なのかを確認しつつ、これまでの実績と品質、サービス内容から判断していくのがおすすめとなります。

合わせて読む:名刺作成で重要なプリントの方法

まずは名刺作成の予算を決めよう

福山市では多彩な業者があるため、幅広いニーズを実現することが可能です。ローコストな片面モノクロ印刷もありますし、予算をかけて写真を入れたり、色付きの紙も利用できます。具体的な価格相場は発注数やデザインによっても変わりますが、一枚あたり15円から100円程度を考えておくと良いでしょう。

カラーにすると一枚当たり30円から50円ほどです。

両面印刷にしたり用紙サイズを変更すると、料金も変化していきます。料金イメージが掴みにくい時には、福山市対応としている業者のWEBサイトを、幾つかチェックして参考にしましょう。気を付けたいのは、費用は印刷コストだけではなく、版下作成料などが別途生じる点です。

版下作成料は安いところなら数百円で、そんなに高額にならないのが一般的。他の費用も含めて、どれくらいのコストが生じるか、前もって確認しておいた方が安心できます。

予算を決める時にはオプションもチェック

多少予算が増えても、デザイン性を高めて他社との差別化をはかりたい、より高品質な名刺を用意したい場合は、オプションを活用していきましょう。業者によって用意されているオプションは異なり、違いが出やすい部分でもあります。

具体的に見当たるのは、丸角加工や地図作成などです。他に、ラミネート加工に対応している業者もありました。

合わせて読む:名刺作成にはどのくらいの日数がかかるのか

用紙の選択も重要

名刺に使う印刷用紙は幾つかの種類があり、それぞれに長所が異なる他、相手に与える印象も違っています。安易に決めず、要点をおさえて選んでいくようにしましょう。一般的にはマット紙と光沢紙、そして上質紙を扱う業者が見当たります。

まず、マット紙は、ビジネスシーンで良く見かけるタイプです。光沢を抑えて落ち着きと品格が感じられる点が特徴で、迷った時にはこれが無難です。光沢紙は写真印刷に向くタイプ。自身の顔写真を入れたい時などに、綺麗に仕上がるのでおすすめです。

他には、リーズナブルな上質紙もありますが、他社が配っている名刺と比べた時に、安っぽく見える恐れがあります。用紙を選ぶ時には、サイズもチェックしておきたい点です。一般的な名刺サイズは無難ではありますが、少し小さい3号タイプや欧米タイプも選択肢となります。

小さめの3号タイプは、財布のカード入れに収まるサイズです。名刺入れを持ち歩いていないような顧客に名刺を渡す時には、良いかもしれません。欧米タイプは言うまでもなく、アメリカやヨーロッパで一般的なサイズです。

外資系企業や外国人とビジネスをする会社で、使われることが多くなっています。近年では他社との差別化をはかり、インパクトを与えるために欧米サイズを選ぶケースも増えたようです。

納期は短ければ良いわけではない

名刺印刷を依頼する時には、納期についても要チェックです。納期は、業者によって違ってきますが、早ければ良いわけではありません。同じ業者であってもサービス内容によっては、品質を少し犠牲にしながら、短期での納品を可能としているケースもあります。

このスピードと品質のバランスが、気を付けたいポイントなのです。失敗しないためには、どのような仕組みで、短納期が可能なのかをチェックするようにしましょう。まず、最新の機材を利用している場合は、品質とスピードを両立していると考えて良いでしょう。

福山市ではUV印刷機を使い、乾燥時間を短縮している業者が見当たります。これとは別に、通常印刷と短納期用のサービスを分けている業者もありました。短納期対応のサービスでは、専用の機材を使わない分、わずかにですが品質に差が出ているようです。

ただ、素人目に気にならない方も多いらしく、ニーズにあわせて選んでいくと良いでしょう。

デザインは自作も任せることも可能

福山市では、デザイン作成を任せることも、自身で作ったレイアウトを入稿することもできます。業者のスタッフと相談しながら、字体やイラストを決めたりと、柔軟な対応ができる業者もあるでしょう。いずれの場合にしても、デザインは名刺を受け取った相手に、どのような印象を与えるかが重要となります。

信頼性を重視したい場合もあれば、作業中の写真を入れて具体的にイメージしてほしいケースもあるでしょう。そのようなニーズに対して、丁寧に対応してくれる業者を選んでいくことが大切と言えます。

合わせて読む:呉市で名刺作成をするときのコツ

業者を決める時には作成実例を参考に

業者を選ぶ際には、これまでの作成実績をチェックすると参考になります。デザインの品質もわかりますし、実績が多いほど選ばれている業者と考えられるわけです。また、業者によってはスタイリッシュな名刺を多く手掛けていたり、逆にアンティーク調の実績があるようなケースもあり、傾向がわかれています。

このため、自身が欲しいタイプの実績が豊富な業者があれば、そこに相談してみるのも良いでしょう。なぜなら、これまでの実例をたたき台にして、色やレイアウトを変更したいと言う具合に、具体的なイメージが湧きやすいからです。

もちろん、作成実例にないようなタイプの特殊な名刺でも、相談してみると高品質なものを手掛けてくれるかもしれません。

特に、幅広いデザインを手掛けてきた業者なら、対応力も高いと考えられます。

相談と見積もりはお気軽に

名刺を作りたい時には、予算やデザインに関してなど、悩んでしまうことも少なくないでしょう。その時には、早めに相談してみるのがおすすめです。近年はオンラインでの相談・見積もりに対応した業者が珍しくないので、気軽に活用していきましょう。

特に親身になって対応している業者なら、解決の糸口を見つけるための力になってくれるはずです。